皮膚が弱い犬にはぜひフードの改善を

うちには7歳のフレンチブルドックがいます初めのころは何を食べても元気で食欲もあってすごく元気でしたが3歳ごろからだんだん食べるものにもこだわりが出てきていつものドライフードでは飽きるようになりました

中国産のやつを食べて体調を崩した犬の話などもありましたのでドライフードも必ず日本産高くなくコーナンなどで手軽に購入できるもの購入していました

5歳にもなってくるとさらに偏食となりドライフードだけではもの足らないのか食べなくなってしまいましたそのため毎日ゆでたささみとか焼いた豚肉などを混ぜないと食べなくなってしまいましたそうしているとそのうちに耳垢がたまってきたり皮膚が赤くなってきたり足が腫れるようになってきてしまいました

おススメのドッグフード

獣医さんに見てもらいお薬を出してもらったして改善していましたがなかなか直りづらいものがあったのですがアレルギーかもしれないのでフードを改善するようにしました勧められるものを与えていったのですがなかなか食べてくれず苦労しましたがやっとROYAL CANINロイヤルカナンですこれだと何も混ぜなくても食べてくれるようになりましたたぶんおいしいのでしょうかよく食べるようになりアレルギーも出なくなりましたドッグフードの中ではお高めではありますが病院代や薬代を考えるとそう変わらないのもありますしかわいいわが子にもかゆい思いがなくストレス軽減となっています

誰がどこで作ってるかわからないから、おやつもやっぱり手作り派!

お店に並ぶ数々の犬のやつたちパッケージの裏を見れば某外国産がほとんどですよね怖くて絶対にあげられません

かといって国産であっても出所が信用できないのでいつしかやつを手作りするようになりました最初は見よう見まねでネットを活用して皆さんの手作りやつを参考にしたりして幅を広げていきました干し肉系は大喜びしますねそして作った方が圧倒的に安いんです手間と時間なんてたいしたことはありません

だってスライスしてザルに並べて風通しのいいところでひたすら放置するだけですものこの噛みごたえのある干し肉を大きめに作ってあげると時間をかけて味わっています小さいと犬ってあっという間に飲み込んで終わりですから

レバークッキーも喜びますね焼いている最中の落ち着きのなさったらないですただこれは簡単だけどちょっと大変洗い物が多いしこちらの気分が乗らないと作ってあげられないんですだからレバーもちゃった方が楽かしら

愛犬を守るのはあなた 与えている食事が実は危険かも?

あなたが犬に与えている食事は安全ですかペットを飼うという事はそのペットの健康を守る義務が飼い主に生じます例えばそれは食事知らぬ間にあなたが愛犬に危険な食べ物を与えている事もあります

ここでは犬の食事で気をつけたいことを解説します与えてはいけない 犬に与えてはいけない食べ物はいろいろです人間が食べるものは塩や調味料で味つけされていますがそれらを犬にあげると危ないのです

汗をかかない犬は塩分過多や油の摂り過ぎで健康を害してしまいますさらには人間用の濃い味付けを覚えるとドッグフードを食べなくなる可能性があります他にも料理されていないもので与えるのはNGなものがあります例えばピーナッツなどの豆類イカやタコなどは消化不良になり下痢や嘔吐の原因になります

また玉ねぎやニラなどは体内の赤血球を破壊して貧血を起こす可能性があります中でも柴犬が敏感に反応します他には鳥の骨なども要注意です噛み砕く事でささくれ立ち犬の食道や内臓に刺さる事があります同様な理由で鯛などの硬い魚の骨でも同じです愛犬がかわいいあまり人間と同じような食べ物を与える事でかえって愛犬の身を危険にする可能性がありますから気をつけましょうここからご記入ください

高級なドッグフードを与えましょう

大切な愛犬のお食事なのですからドッグフードの原材料をきちんと飼い主が管理することは重要な事です

値段の安いドッグフードばかり与え続けていると消化不良や胃もたれ便秘などを引き起こし時にはそれらがもとで重傷な病になってしまうリスクもありますワンちゃんたちは元々は肉食ですのでそれに近い状態のドッグフードを与えてあげるのがベストです

少し価格が高いドッグフードでも原材料にこだわった安全性を重視したドッグフードを与えてみるとワンちゃんたちの健康状態はかなり改善されていくことでしょう毛のツヤや毛並口臭や体臭ひいてはメンタル面に至るまで普段の食事であるドッグフードはワンちゃんたちの健康に大きく関わってくるのです

うちの犬は何だか最近元気がない毛がバサバサしてきたなどといったワンちゃんたちには栄養価が満天の高級なドッグフードを与えてあげましょうきっとワンちゃんたちも大喜びしてくれるはずです